美容外科で人気の施術

女性

埋没法と切開法の費用について

美容外科の中でも人気の高い二重整形ですが、費用はどのくらいかかるのか気になりますよね。実際にクリニックに行ってみるのも良いですが、できればだいたいの相場を知っておきたいところです。そこで、今回は二重整形の費用についてお話していきます。二重整形には大きく分けて埋没法と切開法があります。この2つは全く違うやり方の施術になりますので、費用も大きく変わってきます。まず埋没法は、まぶたを医療用の特殊な糸で留める方法です。メスを使わず手軽にできるので、プチ整形の分類に入ります。気になる相場はというと、だいたい6万円くらいのようです。比較的安くできる施術なので、若い人にも人気がありそうですね。埋没法の評判はというと、内出血や腫れる日数が少ないので、会社勤めの人は特に好まれます。そして切開法ですが、こちらはまぶたにメスを入れて二重を作る方法なので、埋没法より大きな手術になります。少し怖い気もしますが、麻酔を打って行うので術中痛みはありません。埋没法は永久的なものではありませんが、切開法は半永久的なのでこの点では評判が良いようです。相場ですが、だいたい25万円くらいで少し高めになります。腫れや内出血は埋没法より長引きますが、綺麗な二重が永久的に続くなら嬉しいですよね。

二重整形には埋没法と切開法がありますが、どちらの方法にするかは医師としっかり話し合う必要があります。なぜならまぶたの状態や、悩みによって、自分に向いている整形方法が変わってくるからです。例えば、まぶたが厚かったり脂肪が多い場合は、埋没法で行うことが難しくなります。糸で留めるだけでは難しく、二重を作れないこともあるのです。このようなまぶたの人に合っているのが切開法です。切開法ならすっきりしたまぶたの二重を作ることができます。幅広な大きな二重を作りたい人も向いているでしょう。埋没法で行うと、すぐに糸が取れてしまったり、すっきりしたまぶたを作ることが難しいので医師は勧めません。どうしても費用を抑えたい人や、メスを入れるのに抵抗がある人は埋没法で行えないか相談してみましょう。また、休みがあまり取れない人も、切開法ではダウンタイムが長いため、仕事にいくことが難しいため医師に聞いてみる必要があります。また、埋没法でも1点留めから3点留めまであります。留める箇所が少ないと糸が外れてしまうという悩みをもつ人は、3点留めを勧められるかもしれません。費用も留める箇所が多いほど高くなるので、あらかじめ把握しておいた方が安心でしょう。

Copyright© 2019 クリニックや医師選びが重要なポイントになる All Rights Reserved.