理想の目を作り出す方法

女性の目元

手術でコンプレックスを解決

目を二重にするためには、美容整形の手術を行う必要があります。一重で悩んでいる人は多いので、二重整形はもっともポピュラーで人気の高い整形手術の一つと言われており、年々その敷居も低くなってきました。二重の整形方法には、大きく分けて埋没法と切開法の二種類があります。埋没法は、メスを使わず特殊な細い糸を使って手術を行います。線を作りたい部分のまぶたの両端を皮膚に埋もれさせる形で線を作り出すので、とてもナチュラルな仕上がりになるのが特徴です。費用は10万円程度が相場で、手術方法の中では一番安い部類に入ります。切開法は、メスを使用しまぶたに直接線を入れる方法です。費用は20万円前後が相場で、ダウンタイムや術後の腫れは埋没法よりも長くなるのが特徴です。他にもクリニックによってオリジナルの方法を設定しているところもあり、費用も違います。納得のいく整形手術を行うためには、信頼できるクリニックや医師を探すことも重要です。そのために、口コミサイトやクリニックのホームページを見ながら、病院選びを行いましょう。体験談や症例写真も非常に参考になります。また、アフターケアや保障サービスも様々なものがあるため、その部分も見ておくのがおすすめです。

埋没法のメリットは、メスを使わないためダウンタイムが短く腫れも少ないこと、やり直しが効くことです。糸でまぶたを留めているので、万が一仕上がりに納得がいかなかった場合や、糸が取れてしまった場合は再手術が可能なので、まずは試してみたいというような人にもおすすめです。また、費用が安いこと、周囲に整形がばれにくいこともメリットの一つです。二重の幅は自然に近い形になるので、整形したことを誰にも知られたくないという人も、安心して手術が受けられます。切開法のメリットは、費用は若干高くなりますが一度手術を行うと効果は永久に持続することです。ただし、やり直しが効かないため後悔しないようカウンセリングは入念に行う必要があります。また、よりぱっちりくっきりとした二重にすることが出来るのも切開法の特徴です。外国人のようなくっきりした二重、大きい目に憧れている人には向いています。埋没法を行ったのち、糸が取れてしまい、切開法で再手術をしたという人もいます。また、埋没法も切開法も、手術前日や手術後の注意事項は同じです。メイクやコンタクトの使用禁止期間はしっかり守りましょう。どの方法もそれぞれ異なるメリットがあるため、自分に合う方法で手術を行うことが大切です。

Copyright© 2019 クリニックや医師選びが重要なポイントになる All Rights Reserved.